〈ko-kin.IC〉光触媒工業会PIAJ認証取得

ko-kin.IC
光触媒工業会PIAJ認証取得

この度、当社製品〈ko-kin.IC〉において光触媒工業会よりPIAJマークの認証を取得しましたので、下記の通りお知らせいたします。

→ko-kin.IC〈認証通知書2021-0023〉はこちら

ko-kin.ICとは?

当社製品〈ko-kin.IC〉は、室内用コート剤です。
光触媒アリテラスICには「抗菌・抗ウイルス」の機能と「脱臭」効果の機能があります。

抗菌・抗ウイルスのメカニズム

脱臭効果・メンテナンス性

(1)商品名 ko-kin.IC
(2)光触媒等の種類 酸化チタン
(3)光触媒等加工部位 壁紙・タイル
-壁紙:空気浄化効果/UV
-タイル:抗菌効果/可視光
(4)光触媒等の効果 ■空気浄化効果:UV (アセトアルデヒド)
測定方法はJIS R1701-2に準拠しました。
【アセトアルデヒド除去量※1】
-11.69μmol/h
この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中のアセトアルデヒドを87.3%低減させる効果を期待できます。■空気浄化効果:UV (トルエン)
測定方法はJIS R1701-3に準拠しました。
【トルエン除去量※2】
-4.73μmol/h
この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中の ホルムアルデヒドを73.6%低減させる効果を期待できます。■空気浄化効果:UV (ホルムアルデヒド)
測定方法はJIS R1701-4に準拠しました。
【ホルムアルデヒド除去量※3】
-1.09μmol/h
この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中のトルエンを39%低減させる効果を期待できます。

■抗菌効果:可視光
測定方法はJIS R1752に準拠しました。
【抗菌効果※4】
-大腸菌
抗菌活性値は2.0
光触媒による効果は0.9
-黄色ブドウ球菌
抗菌活性値は3.5
光触媒による効果は2.7
※試験条件
照度500lx(照射時間8時間)光触媒工業会では、室内の一般的な照度として500lxを規定としています。※5

(5)使用できる場所 窓から太陽光が入ってくる住宅・建造物の室内
(6)安全性 急性経口毒性、皮膚一次刺激性、変異原性について、光触媒工業会の安全性基準を満足していることを 確認しています。
(7)使用上の注意 ■空気浄化:UV
表面に過度の汚れが付着していると、十分なセルフクリーニング効果が得られませんので、定期的な洗浄をお勧めします。また実際の効果は、本製品が使用される面積、本製品に照射される紫外線の強さ、使用される部屋の容積、使用される部屋の換気量に依存します。
■抗菌効果:可視光
表面に過度の汚れが付着していると、十分なセルフクリーニング効果が得られませんので、定期的な洗浄をお勧めします。

※1 光触媒工業会の認証基準はアセトアルデヒド除去量0.17μmol/h以上です。この数値は、50㎠あたりのアセトアルデヒド除去量であり、この数値が高いほど室内のアセトアルデヒドを低減させる効果が高くなります。
※2 光触媒工業会の認証基準はトルエン除去量0.17μmol/h以上です。この数値は、50㎠あたりのトルエン除去量であり、この数値が高いほど室内のトルエンを低減させる効果が高くなります。
※3 光触媒工業会の認証基準はホルムアルデヒド除去量0.17μmol/h以上です。この数値は、50㎠あたりのホルムアルデヒド除去量であり、この数値が高いほど室内のホルムアルデヒドを低減させる効果が高くなります。
※4 光触媒工業会の認証基準は抗菌活性値が「2.0」以上、光照射による効果が「0.3」以上です。抗菌活性値が「2.0」とは、抗菌効果により菌数が1/100に、「3.0」とは菌数が1/1000になることを表します。また、光照射による効果が「0.3」とは光を当てない条 件の菌数に対し、光照射により菌数が約半分になることを表します。

光触媒工業会とは?

光触媒技術の応用と拡大と認知活動を通じて製品の普及を図り、技術の向上と高品質な製品の供給による健全な市場形成を促すことにより、関連産業の発展と国民生活の向上に寄与することを目的として、2006年4月に設立された団体です。

→光触媒工業会のホームページはこちら

PIAJ認証

PIAJマークは光触媒工業会が性能、使用方法等が適切であることを認めた光触媒製品に与える認証マークです。光触媒工業会では、光触媒製品の普及と健全な光触媒市場の形成に取り組んでいます。そのためにJIS試験法での評価に基づいた自主的な性能基準を制定して、製品認証制度を運用しています。

本件に関するお問い合わせ

株式会社スマートコンサル
TEL 092-432-5070
お問い合わせフォーム
https://smacon.co.jp/contact/

関連記事